> Home > エイパについて

エイパについて / What’s APA?

エイパのはじまり

通りがかりの家から聞こえる楽器の音。 『まだ見知らぬその人と合奏ができたらどんなに楽しいだろうか。そんな連絡網はできないものだろうか。』 合奏相手でもあった最愛の娘を失った父親の素朴な願いが実を結んで、1974年6月にこの会は発足しました。

何万とも知れない楽器人口の1%にも満たない千名余りの会員を擁するにすぎませんが、 あなたの周りに楽しい仲間が集まり、その輪が広まって行くことを願っています。

いまのエイパ

エイパの主な活動は、首都圏、名古屋地区、関西の各地でのさまざまな例会活動、年に一度の音楽祭年次大会などで、 会報は年4回、及び会員名簿を隔年発行しています。皆様に支えられて、エイパは今年(2011年)で設立以来37年目を迎えています。いままでに全国で3600名以上の方が会員登録されましたが、現在は、首都圏で650名、関西で350名、その他全国で100名、合計1100名ほどの方々が、登録会員として活躍されています。いわゆるネットワークは輪が大きいほど有効になりますので、会の輪を積極的に広げる努力もしてみようということで、いわゆるNPO法人(特定非営利活動法人)として登録申請を行い2008年7月末にNPO法人としてスタートしました。

あなたも”エイパ”でアマチュア音楽家として活躍しませんか?