音楽で出会う。

年次大会

2017年度年次大会募集案内

APA国際室内楽音楽祭

The 3rd International Chamber Music Festival

 

大会テーマ

北欧ロシアを含む欧州の伝統的音楽表現習得

昨年度のドイツ・オーストラリアの音楽に加えて北欧東欧ロシア等ヨーロッパ全体の伝統的な音楽表現の習得を大会の全体テーマとしたいと考えます。


期日/会場

2018年2月25日(日)

新百合ヶ丘・昭和音楽大学南校舎

アクセス

ゲスト

今回は、昭和音楽大学での開催の最終年度となるため昭和音楽大学の4人の先生方(Vn小森谷巧、Va松実健太、Vc古川展生、Pf三谷温)に加えて北欧音楽の専門家であるVn佐藤まどか先生に北欧の室内楽を、APAでもおなじみのVa大島路子先生に北欧以外の室内楽をご指導いただく予定です。 

また、本大会からACMPとの連携を強化し海外からの参加も推進する予定で、ACMPとの深いパイプをお持ちの大島先生に国際化の面でもご支援いただく予定です。昨年まではゲストの先生方がタイトなスケジュールで、ワンポイントのレッスンが不可能でしたが、今回は佐藤先生、大島先生にワンポイントのご指導もいただけるようにする予定です。

ゲストのプロフィール

進行表

2017年度年次大会 基本スケジュール


●ゲストとの合奏 A枠 (事前練習あり)

小森谷先生、松実先生、古川先生、三谷先生に 3 曲ずつ弾い ていて頂きますので以下の候補曲から選んで大会委員会宛にお申し込みください。

・期限 11月15日(水)
・募集組数 12組
・参加費 2,500円 ×人数 /75分
・受付メールアドレス:nenji@apa-music.org

曲名/出版社略号(注)/先生/募集パート
(注)出版社略号
Be:Baerenreiter He:Henle Kun:Kunzelmann Si:Simrock Ka:Kalms Li:Litolff Sam:Samfundet

1.モーツアルト弦四「春」or「不協和音」/Be/松実/Vn1,Vn2,Vc
2.モーツアルト弦五 K.516orK.593/Be/松実/Vn1,2,Va2,Vc
3.ベートーベン中期弦四 Op59-(),74,95/He/古川/Vn1,2,Va
4.ベートーヴェン弦四後期 Op.127,132/He/松実/Vn1,2,Vc
5.ブラームス弦六 2番/He/古川/Vn1,2,Va1,2,Vc2
6.アレンスキー弦四 2番/Kun/古川/Vn,Va,Vc2
7.ブラームスP四 1番/He/三谷/Vn,Va,Vc
8.フラームスP四 3番/He/小森谷/Pf,Va,Vc
9.ドボルザークP五/Si/三谷/Vn1,2,Va,Vc
10.フォーレP五1番/Ka/三谷/Vn1,2,Va,Vc
11.べートーベン七重奏曲/He/小森谷/Cl,Fg,Hr,Va,Vc,Cb
12.シューベルト八重奏曲/Be/小森谷/Cl,Fg,Hr,Vn2,Va,Vc,Cb

●特別予約合奏 B,C枠 (事前練習なし)

従来は音大生が入って合奏していましたが今回は佐藤先生に北欧、大島先生にロシアの室内楽曲をご指導頂きます。

B枠:佐藤まどか先生との候補曲
13.シベリウス 弦四《親愛なる声》/Li/佐藤/Vn2,Va,Vc
14.ニールセン 弦五ト長調(1888)/Sam/佐藤/Vn2,Va,Vc

C枠:大島路子先生との候補曲
15.ショスタコーヴィチ P五/Sik/大島/Pf,Vn1,2,Vc
16.チャイコフスキー 弦六/IMC/大島/Vn1,2,Va2,Vc1,2

・参加費:2000円
・申込期限:11月15日(水)
・受付メールアドレス:nenji@apa-music.org

●公開レッスン (グループエントリー)

・申込期限:11月15日(水)
・佐藤まどか先生と大島路子先生にご指導いただきます。
・対象曲: ソロから五重奏曲程度
・募集組数 各2-3組
・レッスン料:2,500円/15分(予定)で最大45分。
・受付メールアドレス:nenji@apa-music.org

●コンサート (グループエントリー)

・申込期限:11月15日(水)
・参加費: 3,000円/5分 + ステリハ:1,500円/10分
・練習室リハ:無料/30分、3,000円/1時間
・グループエントリーは3重奏以上でお願いします。
・代表者以外は一般参加(非会員)の方もOKです。
・聞いて楽しめる曲での参加を歓迎します。
・応募は5分単位で最大30分(出演者10名以上の場合は応募状況による)迄。
・予めチューニング時間2分を加算した分数を申告頂きます。
・例えば演奏14分の曲の場合、申告時間は14+2=16分、参加費は3,000円×4枠=12,000円。
・受付メールアドレス:nenji@apa-music.org

●ミニコンサート (グループエントリー)

・一次申込期限:11月15日(水)
各例会、作曲家別、楽器別などのテーマでコンサートを実施するためのコーナーで例会等の幹事が参加者を募り時間単位で発表会場を用意するコンサートです。
その他枠として委員会への直接申し込みも受け付けます。
・参加費:1,500円/5分、練習室リハ:500円/10分
まずは、時間帯と必要時間の確保をお願いいたします。
・エントリー受付メールアドレス:nenji@apa-music.org

*なお、東京オリンピックの関連事業である東京2020文化オリンピアードに関する邦人作曲家の演奏については bbs-FB例会(田部)にお問い合わせください。

●予約合奏 (個人エントリー)

あらかじめ希望曲を出すことにより合奏を楽しむことができます。Webで申し込むことが基本ですが個人エントリー葉書で申し込むことも可能です。予約合奏OKの方々の中から委員会でメンバーアレンジをさせて頂き、希望者がリーダーとなって演奏する楽章、楽譜の有無を打合わせ頂きます。
・1枠1,000円/人 事前練習に出られない方は、当日のみでもあらかじめ希望曲を出して頂ければ予約合奏を楽しむことができます。

●初参加&自由合奏 (個人エントリー)

アンサンブル経験があまりない方、予約合奏ほど充分事前準備ができない方のためのコーナーで、何方でも参加できます。当日の飛入りも可能で初参加で1回だけのお試しは無料です。
・自由合奏コーナー:参加費:1,000円/日 (幹事:磯地英樹、臼田信夫、林英治、大橋雅宏)

*予約合奏、自由合奏等の個人エントリーは会報161号同封の返信葉書でお申込み下さい。

その他

<大会入場料>

コンサート会場だけではなく、大会会場への入場料となります。
・大会参加費:前売800円、当日1000円、中高生500円
・非会員の演奏参加者+500円、ACMP会員+0円

<参加費補足>

コンサート、ミニコンサートのエントリーは代表者が一括精算下さい。

<今後の予定>

・11月15日(水): コンサート、ミニコンサート締切り
・11月15日(水): ゲストとの合奏・特別予約合奏締切り
・12月15日(金):個人エントリー募集一次締切り
・12月15日(金):コンサート、ミニコンサート二次締切り
・1月6日(土):個人エントリー募集締切り
*この後不足パートの勧誘と予約合奏の決定通知
・1月14日(日) : 全体スケジュール発表

<事前公式リハ>

参加は必須ではありませんが、下記日程で有料でクラブ室でのゲストとの合奏A枠リハの時間枠を設定しましたので、返信葉書で参加可否回答下さい。
・2018年2月10日(土)10:00-20:00
・2018年2月11日(日)10:00-20:00

≪懇親パーティ≫

18:30 から新百合ヶ丘駅近くのピザレストランで開催予定です。参加者と音楽談義に花を咲かせましょう!
・トラットリア・リアナ 新百合ヶ丘店(予定) tel044-953-2520
・会費 3,500 円(予定)

<問合せ>年次大会委員会

田部、油谷、中馬、西田、磯地、林、臼田、大橋、濱田
info@apa-music.org

ゲスト紹介

小森谷 巧先生 Vn

桐朋学園音楽科ディプロマコースを経てウィーン国立音大へ留学、その後英国へ渡る。 徳永二男、ヨゼフ・スーク、イフラ・ニーマンの各氏に師事。リピツァVnコン、フムル国際コン等で特別賞、シェリング賞などを受賞。英国を中心に欧州で活躍。「The STRAD」で好評を得る。英国王立音大の演奏ディプロマを首席で獲得し帰国。91年第1回出光音楽賞受賞。06年からルートヴィッヒ弦楽四重奏団、08からザ・グランド・トリオを結成し活動している。またこれまでに、ギュンター・ピヒラー、ネルソン・フレーレ、ジャン・ワン、などとも共演している。現在、昭和音大教授、国立音大講師。サイトウ・キネンオーケストラ、読売日本響コンマス。

三谷 温先生 Pf

桐朋学園大学附属音教、同高校・大学卒業。園田高弘氏に師事。03年文化庁より初代「文化交流使」。06年より続くザルツブルクにおける『On Mitani Zyklus』他、世界各国の演奏会、音楽祭に出演。ザルツブルク=モーツァルト 国際室内楽コン、モスクワ・カバレフスキー国際音楽コン他国内外のコンクール審査員を歴任。昭和音大教授、演奏表現学会理事、アーツ室内オーケストラ音楽監督。

古川展生先生 Vc

73年5月9日京都生まれ。桐朋学園大学卒業。チェロを故・井上頼豊、秋津智承、林峰男の各氏に師事。96年安田クオリティオブライフ文化財団の奨学金を得て、ハンガリー国立リスト音楽院に留学、チャバ・オンツァイ教授に師事。97年第27回マルクノイキルヘン国際コン(ドイツ)チェロ部門にてディプロマ賞受賞。98年帰国後、東京都交響楽団首席チェロ奏者に就任、現在に至る。03年第2回齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。昭和音楽大学講師

松実健太先生 Va

桐朋学園を経て、英国王立音楽院を首席で卒業。94年、第5回ライオネルターティス国際ヴィオラコン第2位と特別賞を受賞。第9回同コンクールで審査員を務めた。現在、昭和音楽大学、東京学芸大学などで後進の指導にあたっている。

佐藤まどか先生 Vn

東京藝大院博士後期課程修了。この間イギリス、オーストリア、フィンランドにて研鑽を積み、シベリウスの研究で博士号を取得。シベリウス国際ヴァイオリンコン3位をはじめとして、プラハの春国際音楽コン、ヴァクラフ・フムル国際コン、ロドルフォ・リピッツァー国際コンなど入賞多数。北海道文化奨励賞受賞。ソリストとしての活動を中心として、国内外において室内楽や現代音楽など多彩な演奏活動を展開し、的確な洞察力と豊かな表現力は国際的にも高い評価を受けている。上野学園大准教授。contemporary αメンバー。日本シベリウス協会理事。

大島路子先生 Va

桐朋学園を卒業後、イーストマン音楽院にてパフォーマーズ・サーティフィケイトを受賞。その後ニューヨークのカサット弦楽四重奏団のメンバーを14年つとめた。ベートーヴェンのクァルテット全曲演奏をバッファローのNY州立大で二年間担当。エイビー・チェンバーミュージック代表として、アマチュア奏者向け室内楽セミナーの企画と指導を行っている。カントウス・クァルテット、ヴィルトゥオーソ横浜のメンバー。

Amateur Music Player's Assosiation, JAPAN .

ご支援のお願い 事業報告 プライバシーポリシー 免責事項
ページのトップへ戻る
Copyright(C) 2017 APA All Rights Reserved.